50万時間の旅 これまでの旅はこれからの礎

大興印刷の設備など、より詳しく解説するページです。

 

FMスクリーン印刷は欧米では、実績のある技術で、

表現力やクオリティーの求められる商品パンフや写真集などで、数々の成功事例を生み出してきました。  

日本でもCTPの普及により、『印刷本質の技術』ということでFMスクリーンが注目されました。

FMスクリーンとは、Frequency Modulation(周波数変調)の略語で、1980年代後半に発表されました。  

「もっと鮮やかに」「質感を出す」「モアレとる」「中間調ディテールを出す」「にごりをとる」などのお客様からの写真の要望をすべて解決したのが第2世代のFMスクリーン(クレオ社Staccato高精細印刷)です。  

FMスクリーンは20ミクロンの極小なドットで表現し、400線相当の高精細印刷と同等の仕上りが可能になりました。

 

 

FMスクリーンには、リアル感のある表現、写真のような滑らかな階調、モアレのないキレのある表現、広い色の再現域、鮮やかな発色などのメリットがありますが、印刷物に求めるイメージ表現はさまざま存在します。  

例えば、大判のポスターやイメージ的にやわらかい雰囲気にしたい、

ぼかしてフワッとさせたい場合などは、

AMスクリーンが適しているケースもあります。

FM・AMスクリーンのメリットを理解した上で、使い分けてください。

このページのトップへ