50万時間の旅 これまでの旅はこれからの礎

大興印刷の設備など、より詳しく解説するページです。

 

A判は、19世紀末ドイツの物理学者オズワルドによって提案されたドイツの規格で、 

面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0としました。現在では国際規格サイズです。

 

「ルート長方形」とは、縦横比率が「白銀比」と呼ばれる「縦:横=1:√2」となっており、 

どこまで半分にしても同じ形、相似形の長方形です。  

古来より美しい比の形として好まれてきました。

 

メリットは、原材料が一つのサイズでまかなえる上に、どの大きさを作るにしても裁断にロスが出ません。  

A4はA0を4回半分にした物=1/16平米のルート長方形で 縦横サイズがますます半端な数字なのはこのためです。

B判は、日本の美濃紙をもとに面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」をB0とした国内規格サイズです。

B4はB0を4回半分にした物=1/16平米のルート長方形で 縦横サイズがますます半端な数字なのはこのためです。

近年は、パソコン機器の普及でA判が主流です。  

かつては日本の規格ということでB判を採用していた役所の書類も続々A判に移行している状況です。

規格の統一は、色んなメリットがあります。

・容器は一本化され、保管や貯蔵に有効

・郵送面でのコスト削減

・事務も迅速化

 

[紙の原紙寸法] 

◎A列本判(625mm×880mm):ドイツ生まれの国際規格。現在の主流へ。

◎B列本判(765mm×1085mm):日本のオリジナル規格。江戸時代の美濃紙に由来。

◎四六判(788mm×1091mm):美濃紙に由来。かつて美濃紙は将軍家や御三家の専用だった。 

◎菊判(636mm×939mm):明治の新聞に使われた。皇室の御紋章である菊と新「聞」のかけ言葉。

◎ハトロン判(1000mm×1000mm):ハトロン紙は主に封筒や包装に用いる。「薬葵を包む紙」が語源。

 

「原紙」とはJIS(日本工業規格)が定めた紙の元々の大きさです。  

以上の5種類について「紙の原紙原寸」を定めています。

また、裁断余白のため規格サイズよりひとまわり大きく設定されています。

 

当社では、カタログ、フリーペーパー、チラシや出版物などへの迅速な対応を目指して、

コモリ製のSYSTEM 38Sを2009年に導入し稼動を開始しました。  

A横全判輪転機は、印刷から加工、断裁、製本を全自動で行い製品化で可能なのです。

これにより短期間で納品できるようになりました。

 

◎パラレル折出し(A5/16ページ/2丁付):大ロットのA5サイズ冊子に最適。

◎デルタ折出し(W210×H195mm/巻き三つ折り12ページ/2丁付):個性的な冊子に最適。

◎シート出し:シーター機を装備で、チラシやA4-2ツ折、巻3ツ折等の非折出し物にも対応。

◎A4/8ページ・16ページ折出し:精度の高い折出し機で高品質・短納期の両立を実現。

このページのトップへ